売上UP

「美味しい料理を提供していればお客さんは来てくれる」は勘違い?!

【値上げしない客単価UP】で飲食店の売上を増やす専門家 林 良江です。

先日お邪魔した飲食店で、高齢の店主が「美味しい料理を提供していれば、、、」的な発言をされていました。
同様に「一度来てくれさえすれば」とおっしゃっている方も本質的な部分では一緒です。

実のところ、口にこそ出しませんが、潜在的に「美味しい料理を提供していれば」or「一度来てくれさえすれば」と思っている飲食店経営者はまだまだ多いと感じていますので、こちらでもシェアさせていただきます。

「美味しい料理」という武器は、新規客を連れてくる武器ではない

「美味しい料理」は飲食店の武器であることには間違いありません。
その武器の使いどころは、一度食べてくれたお客さんをリピーターにランクアップさせるときです。
この時、「美味しい料理」を体験した事実は、何物にも代えがたい、武器です。

こと『集客』にスポットを当てて考えた時、新規客の来店を集めることより、リピーターに再来店を促す方が、ずっと楽ですし、コストもかかりません。
そういう意味でも「美味しい料理」は最強の武器と言えるでしょう。

しかし

  • 体調を崩した
  • 遠方に転勤した
  • 引っ越した

等の理由から、リピーターは自然減します。

なので、新規客の集客は地道に続ける必要があります。
その時「美味しい料理」は、、、

残念なことに、「美味しい料理」は実際に食べてみないことには体験出来ないので、効果的な武器とは言えません。(ですから、「一度来てくれさえすれば」って発言に繋がる訳ですね)
又、「美味しい」の尺度も人によって違います。
だから、他人に伝えるのが難しいです。

つまり、武器にも得手・不得手があり、万能な武器はないのです

ですから、新規客を呼ぶ武器は別物を準備しなければいけません。
そして新規客を呼ぶ武器は、「美味しい料理」のような抽象的なものでなく、具体的なものである必要があります。

なぜなら、その武器を見て、皆が同じものを思い浮かべなければ、わざわざお店に出かけたくなるものでなければ意味があません。

例えば、「生ビール」

要は、武器の使い分けです。

例えば、異性を口説きたいとき、敢えて「手紙を送る」のは意外性が有って素敵だと思います。
が、待ち合わせ場所に遅刻しそうな時は、携帯を鳴らしますよね。
これが、武器の使い分けです。

武器の使い分けが理解できると、「美味しい料理」の使いどころが明確になり、一層引き立ちますよ。

飲食店経営の常識を疑って見ませんか?
きっかけは、このメルマガ!
↓  ↓  ↓

 

このブログを書いた人

林 良江
林 良江【値上げしない客単価UP】で飲食店の売上を増やす専門家
大学受験を目前に控えた時期に母のがん宣告を受け、地元の調理師学校に通い、その後ケーキ屋を経て居酒屋でアルバイトを始める。居酒屋で10年、接客係から店長まで経験し、当時の経営者から居酒屋経営を学ぶ。その後、税理士の資格を取得し、約20年、居酒屋出身の税理士としてキャリアを積む。

2011年、ある顧問先が数千万円の借金を背負い事業を縮小。目の前の顧問先を助けられなかった不甲斐なさを痛感し、飲食店の税金面だけでなく、お店を丸ごとサポートすることを決意。飲食店コンルタントの養成講座などでデータを使った飲食店の経営理論を基本から学び、最短90日で客単価を15%UPさせるコンサルティング手法を開発。中小規模飲食店が、客単価の15%UPに取り組めるよう体系化する。

顧問先からは「この先6ヶ月売上がゼロでも、従業員に今まで通りの給料を払えるだけの貯えがあったので、コロナ禍でも、余裕を持って過ごせた」など、これまでに居酒屋、専門料理店など、通算約80軒に客単価15%UPプログラムを提供する。
今後も、飲食店現場の「勘や感覚」を尊重しつつ、データを使った飲食店の売上アップのサポートをしていく予定。
税理士、調理師免許を保有、趣味はガーデニング、愛知県北名古屋市に在住。

名古屋税理士会所属
登録番号 086157

認定経営革新等支援機関
平成29年10月 登録

-売上UP
-,

PAGE TOP

© 2021 最短90日で飲食店の客単価が15%UPする秘訣 Powered by AFFINGER5