Go To Eat

【Go To EAT】で売上を増やそう!

飲食店専門・売上UPコンサルタントの林 良江です。

Go To Eat キャンペーンの状況を、11月9日現在でまとめました。

Go To Eatキャンペーンとは

Go To Eat キャンペーンは、大きく分けて2つ

  1. 加盟飲食店で、プレミアム付食事券を使ってお得に食事をする
  2. 飲食予約サイト経由で、予約・来店をすると、ポイントがもらえ、次回の代金として使える

今回のGo To Eatキャンペーンでは、テイクアウト専門店などの利用はキャンペーンの対象外です。
国を挙げて、外食を促進しようという趣旨です。

この際ですから、一人でも多くのお客様にあなたのお店を利用してもらいましょう。

1.プレミアム付食事券が使える加盟店になる

お客様が事前にプレミアム付食事券を購入して、その食事券を使ってお値打ちに食事を楽しんでもらうシステムです。

プレミアム付食事券が使える飲食店になるためには、事前に登録が必要です。

各都道府県における、Go To Eat キャンペーンの窓口は、こちらのページから確認できます。
↓ ↓ ↓
https://tinyurl.com/y5ycwnp6

Go To Eat キャンペーンは、開催期間や食事券の形態など都道府県によってまちまちです。
所在地の情報を定期的に確認することをお勧めします。

2.オンライン飲食予約

ランチ予約で、お一人につき500円分
ディナー予約で、お一人につき1,000円分のポイントがお客様に付与されるシステムです。

飲食店側は、サイト経由の予約来店があると「送客手数料」を負担します。

もし、「送客手数料」がネックになっているとしたら、送客手数料も基本手数料も0円で運営している
favy   http://favy.info/gotoeat/lp_02
トレタ 0120-338-264
Retty https://retty.me/campaign/omise/←オススメ
などの利用を検討されては如何でしょうか。

これらのサイトは、有名サイトと比べるとまだ登録店が少ないので、予約で付与されたポイントを使う為に、もう一度来店するというループ状態になる可能性は高いでしょう。

どちらも、集客の一助になります。
上手に活用して、今後につながるきっかけにしていきましょう♪

-Go To Eat

PAGE TOP

© 2021 飲食店のデータを使って客単価を上げる専門家 林 良江 Powered by AFFINGER5