お金の管理

飲食店経営者さん!今月あといくら使っても大丈夫なのか把握していますか?

【値上げしない客単価UP】で飲食店の売上を増やす専門家 林 良江です。

今日は、飲食店におけるお金が自然に貯まる「お金の管理術」をご紹介します。

どうして、多くの飲食店で、お金が不足するのか?

理由は簡単です。
お金が不足するのは、使い過ぎているからです!

では、なぜお金を使いすぎてしまうのか。
それは、いくらまで使っていいのかが、判っていないからです!!

通帳は1冊にまとめろ!のウソ

昔から、複数の通帳を使うのは、お金が分散してしまうのでやめた方がいい。
通帳は1冊にまとめろ!!

と言われていました。

通帳が複数あると、支払の都度、一旦メインの通帳に資金移動させなければいけません。
最初から、メインの通帳しかなければ、資金移動の必要はありません。

メインの通帳だけなら、その残高を見ながら支払計画が立てられます。

でもこれは、現金商売ではない場合の話です。
売掛金、買掛金の他に手形の決済もあるような会社のお話です。

飲食店の場合は、基本、現金商売です。
ですから、入金が先行します。
すると、通帳には、来月の支払いに充てるべき予算と、今月の予算がごちゃ混ぜ状態で存在することになります。

これでは、知らないうちに来月の予算まで使ってしまう事態が発生するのは、当然です。

そこで
今月は「あといくら使ってもいいのか」を判り易くするシステムは無いかと考えた結果たどり着いたのが、この方法です。

といっても、私のオリジナルではありません。

以前から、「家計簿」の世界で使われてきた「袋分け家計管理法」を事業用にアレンジしました。

「袋分け家計管理法」とは

「袋分け家計管理法」とは、生活費の予算を袋に振り分けて、その範囲内でやりくりするという家計管理の方法です。

お給料を引き出し、月末に翌月に使う予算を決めて、ざっくり決めた項目別の袋にお金を分け入れます。月中は、予算の範囲内で使うことを守ります。

この方法のメリットは、
「あとこれだけの金額しか残っていないから、今月はもう使いすぎないようにセーブしよう。」などと、月内で調節する心理が働くことです。

これを、飲食店経営にアレンジしていきます。

まず、袋の代わりに通帳を4冊準備しよう!

4冊の通帳を準備します。
個人事業主の場合は、プライベート用の通帳も必要なので、5冊準備してください。

 

4冊の内訳はこのようになります。

通帳(A)

通帳(A)は、クレジットなどの振込入金と日々の現金売上高を預ける入金専門の通帳です。

預入れは、基本的に、毎日入金してください。
ほぼ毎日使う口座なので、通帳(A)はお店に近いか、ご自宅に近い銀行の口座になりますね。

通帳(B)

通帳(B)は、現金払いの経費の精算のほか、水道光熱費、電話料金、家賃、カードの引落、借入金の返済など支払専門の通帳です。

経費類の引落は、手続きの問題です。
ポイントは、現金払いの経費の精算です。

現金払いの経費は、一旦、小口現金から支払います。
週に一回、小口現金の精算をします。
つまり、一週間に貯まったレシートや領収書の合計額を通帳(B)から引き出し、小口現金の残高を元に戻します。

現金での買い物が少なければ、2週間に一回の精算がもかまいませんし、小口現金が少なくなったタイミングでも構いません。
要は、通帳に領収書の金額の合計額が記載されることがポイントです。

このやり方では、現金での買い物が多いと、頻繁に精算する必要があります。

現金での買い物が多く、精算が面倒に感じるようでしたら

  • 在庫管理の精度を上げて、近所のスーパーで買い物をしないで済むようにしよう。とか
  • (レシートの枚数を減らすために)買い物は、計画的にしよう。とか
  • スーパーのクレジツトカードを使うことにしよう。とか

根本的なところから見直す必要があるかもしれませんね。

お金の管理を見直すということは、お店の経営そのものを見直すことでもあります。

通帳(C)

通帳(C)は、年間の納税予定額を積み立てる、納税専用の通帳です。

利益が出ても、通帳(C)に納税資金がプールされていれば、安心して過ごせます。
なお、年間の納税予定額は、税理士にお尋ねください。

通帳(D)

通帳(D)は、お楽しみに口座です。

頑張っている自分たちにご褒美があってもいいじゃないですか。
通帳(D)は、その為だけの口座です。

だから、どんなことがあっても死守してください!

よく「お金が余ったら貯金する」と考えていると貯金はできない。って言いますよね。
理屈は、同じです。

具体的な運用方法

では、具体的に見ていきましょう。

通帳(A)からの引き出しは、月に一回のみです。
月末に、通帳(A)の残高を全額引き出します。

まず、通帳(A)の残高の5%分を、通帳(D)に入金します。

次に、年間の納税予定額を1/12した金額を、通帳(C)に入金します。

個人事業主の場合は、このタイミングで生活費をプライベートの口座に振り替えます。

最後に、残金を全て通帳(B)に入金します。

翌月の経費は、通帳(B)の残高で払える範囲でやりくりします

既に支払額が決まっているものがあります。
それらの金額を考慮すると、翌月経費として使える金額は、おのずと計算できます。

そうなると
何か欲しいものがあっても、通帳の残高がなければ、今月は買うことはできません。
今月頑張って売上を増やして、来月買おう。という思考回路になります。

しかし、今月使える金額がいくらなのかが判らないと、あきらめる理由がなく、買ってしまいます。

これが、多くの飲食店でお金が不足する原因です

既に営業を続けている飲食店の場合
急に、通帳4冊作ってこのやり方を実施するのは、難しいので
今ある通帳のどれを
(A)にするのか
(B)にするのか
(C)にするのか
(D)にするのか
を考えてシフトしていくことになります。

切替期の2か月程は、慣れないことの連続でリズムがつかめず大変です。
でも、2か月も続ければ、それが「ふつう」になってきます。慣れです。

2か月後の自分をイメージして、今、始めてみませんか!

これを繰り返していくと、決算期には、ある程度まとまった金額が通帳(D)に貯まっています。

通帳(C)に、納税資金は貯まっているはずですから
通帳(D)に貯まったお金は、頑張った自分達へのご褒美として、自由に使いましょう!

さて、あなたなら、通帳(D)に貯まったお金を、何に使いますか?

  • 慰安旅行に行きましょうか
  • 高性能の食洗機を買いましょうか
  • お店を少し、きれいにしましょうか

考えただけで、ワクワクしてきます。
このワクワクを楽しみに、今日も頑張りましょう!

今回は、飲食店のお金の管理法についてお伝えしました。
お金の管理体制の構築も、弊社のコンサルティングでは提供させていただいております。

興味を持ってくださった方は、こちらからお問い合わせください。

    お名前(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    お問合わせ・ご要望・ご依頼の内容(必須)

    このブログを書いた人

    林 良江
    林 良江【値上げしない客単価UP】で飲食店の売上を増やす専門家
    大学受験を目前に控えた時期に母のがん宣告を受け、地元の調理師学校に通い、その後ケーキ屋を経て居酒屋でアルバイトを始める。居酒屋で10年、接客係から店長まで経験し、当時の経営者から居酒屋経営を学ぶ。その後、税理士の資格を取得し、約20年、居酒屋出身の税理士としてキャリアを積む。

    2011年、ある顧問先が数千万円の借金を背負い事業を縮小。目の前の顧問先を助けられなかった不甲斐なさを痛感し、飲食店の税金面だけでなく、お店を丸ごとサポートすることを決意。飲食店コンルタントの養成講座などでデータを使った飲食店の経営理論を基本から学び、最短90日で客単価を15%UPさせるコンサルティング手法を開発。中小規模飲食店が、客単価の15%UPに取り組めるよう体系化する。

    顧問先からは「この先6ヶ月売上がゼロでも、従業員に今まで通りの給料を払えるだけの貯えがあったので、コロナ禍でも、余裕を持って過ごせた」など、これまでに居酒屋、専門料理店など、通算約80軒に客単価15%UPプログラムを提供する。
    今後も、飲食店現場の「勘や感覚」を尊重しつつ、データを使った飲食店の売上アップのサポートをしていく予定。
    税理士、調理師免許を保有、趣味はガーデニング、愛知県北名古屋市に在住。

    名古屋税理士会所属
    登録番号 086157

    認定経営革新等支援機関
    平成29年10月 登録

    -お金の管理
    -, ,

    PAGE TOP

    © 2021 最短90日で飲食店の客単価が15%UPする秘訣 Powered by AFFINGER5