アンケート

POSレジデータ活用していますか?

【値上げしない客単価UP】で飲食店の売上を増やす専門家 林 良江です。

今日は、「POSレジデータの活用実態」に関するアンケートのお願いです。

いきなりですが、質問です。
あなたのお店では、POSレジデータを、どのように活用していますか?

と言うのも、先日POSレジを販売している、Aさんとお話をする機会がありました。

かねてから、POSレジが蓄積している注文データや、顧客データに興味があった私は、それとなく、Aさんに聞いてみました。

林「パンフレットに書いてあるように、皆さんPOSレジを使いこなしていらっしゃいますか?」

Aさん「詳しいデータを取っている訳ではありませんが、担当者がお店に伺って話している感覚では、『使いこなしている』レベルのお客様は1/3もいないと思いますよ。」

林「え、そんな程度なんですか?」

Aさん「初期設定は無料でやらせてもらっていますが、そもそも『メニュー改変の都度変えるのが大変だから』って理由で、ほぼ使い続けられる設定にされるお客様もいらっしゃいますからねぇ。」

林「はぁ、目的が違うって事ですね。でも、それって勿体ないですよね。」

Aさん「はい、物凄く勿体ないです。とはいえ、無料サポートにも限界があるので、致し方ないかと思っています。」

とのことでした。

今更言うまでもありませんが、注文は、お客さんからの人気投票です。

投票結果の合計が、売上です。

ですから、1日の売上高だけでなく、個々のメニューがいくら稼いだかを把握しておくことは、飲食店経営上、とても大切です。

その点、POSレジなら造作もない事です。

ところが、せっかくのPOSレジがその性能を発揮することなく、ただの「レシート発行機」として使われている現場を、いくつか見てきました。

そこで、文頭のような質問をした次第です。

『私にも何かお手伝いできるんじゃないか!』

そんな思いから、今回「POSレジ利用の実態を知るアンケート」を実施することにしました。

たった3設問なので、2分で終わる簡単なアンケートです。

ご回答いただいた方には、設定不要!「POSレジデータの活用法」(非公開)をプレゼントしています。

あなたのお店でPOSレジをご利用でしたら、是非、ご協力ください。
↓ ↓ ↓
https://tinyurl.com/y38nqtnx

このブログを書いた人

林 良江
林 良江居酒屋専門・客単価UPコンサルタント/税理士
大学受験を目前に控えた時期に母のがん宣告を受け、地元の調理師学校に通い、その後ケーキ屋を経て居酒屋でアルバイトを始める。居酒屋で10年、接客係から店長まで経験し、当時の経営者から居酒屋経営を学ぶ。その後、税理士の資格を取得し、約20年、居酒屋出身の税理士としてキャリアを積む。

2011年、ある顧問先が数千万円の借金を背負い事業を縮小。目の前の顧問先を助けられなかった不甲斐なさを痛感し、飲食店の税金面だけでなく、お店を丸ごとサポートすることを決意。飲食店コンルタントの養成講座などでデータを使った飲食店の経営理論を基本から学び、最短90日で客単価を15%UPさせるコンサルティング手法を開発。中小規模飲食店が、客単価の15%UPに取り組めるよう体系化する。

顧問先からは「この先6ヶ月売上がゼロでも、従業員に今まで通りの給料を払えるだけの貯えがあったので、コロナ禍でも、余裕を持って過ごせた」など、これまでに居酒屋、専門料理店など、通算約80軒に客単価15%UPプログラムを提供する。
今後も、飲食店現場の「勘や感覚」を尊重しつつ、データを使った飲食店の売上アップのサポートをしていく予定。
税理士、調理師免許を保有、趣味はガーデニング、愛知県北名古屋市に在住。

名古屋税理士会所属
登録番号 086157

認定経営革新等支援機関
平成29年10月 登録

-アンケート
-,

PAGE TOP

© 2021 居酒屋の売上の増やし方 Powered by AFFINGER5