売上 経営

値上げできない飲食店さんへ

飲食店データを使って客単価を上げる専門家 林 良江です。

今日は、飲食店の値上げについて考えていきます。

食材費や人件費が高くなり、本当にギリギリで営業しているにもかかわらず
常連さんに「あれ、値上げしたの?」って言われるのが嫌で値上げができない。
って方、いらっしゃいますよね。

その気持ち、判りますよ。

でも、常連さんが「値上げしたの?」と声をかけるのは、実は、値上げを非難しているとは限らないってことをご存知でしたか?

もしかしたら、常連さんの「このお店の事を、よく見ているんだよ。」アピールだったりします。

だから、値上げしたからといって、手のひらを反すように来なくなるって事は、早々ありません。

と言われても、やっぱり値上げには抵抗がある方はいらっしゃると思います。
私の顧客にも、以前いらっしゃいました。

そこで今回は、私がその方にしたアドバイスをご披露しましょう。

それは
お料理の盛り付けなど見映えを変えて、商品名を変えてしまいます。
私のおススメは、超○○○(旧商品名)

ex.
旧 オムライス
新 超オムライス、超リッチオムライスetc.
まぁ、バージョンアップです。

これなら、前の商品名を継承しているので、料理がイメージしやすいです。

それに一応、新商品ですので、値上げじゃないです(笑)
よかったら、試してみてください。

ちなみに値上げに抵抗があった、私の顧客ですが、この方法で値上げに対するメンタルブロックを解消させ、出数などのバランスを見ながら料金改定したところ

売上が、前年比112%になりました。

彼の場合、値上げと言うよりは、正当な金額にした。
と言った方が正しいと思います。

あ、そんなお店、多いんじゃないかなぁ。

もし、売上を増やしたいけど、「どのメニューを値上げしたらいいのかわからない」なら、相談してみませんか。

個別相談は、90分10,000円(税別)で承ります。

個別相談は、基本Zoomで実施します。
但し、愛知県・岐阜県にお店がある場合は
私がお店にお伺いします。

 

-売上, 経営

PAGE TOP

© 2021 飲食店データを使って客単価を上げる専門家 林 良江 Powered by AFFINGER5