飲食店経営

高級酢橘(すだち)が、飲食店を救う?!

【値上げしない客単価UP】で飲食店の売上を増やす専門家 林 良江です。

アフターコロナは、今まで以上に厳しい競争が始まるでしょう。

なぜなら
以前は、飲食店経営を勘違いしていらっしゃる方が、一定数いらっしゃいました。
この方たちは、今般のコロナショックに乗じて飲食店経営から手を引いています。

つまり、今後は本物の飲食店同士のつばぜり合いが始まります。

その厳しい競争を勝ち抜くポイントを、先日購入した酢橘(すだち)から学びましたので、シェアします(笑)

今回すだちの購入は、通販サイトを利用しました。

そもそも、なぜ今、すだちなのかというと、テレビで、すだちの皮に内臓脂肪を落とす効果があると紹介していたからです。

内蔵脂肪が気になっている人(私を含めて)には、朗報です!

で、通販サイトを開いてみると、予想通り、ずらっっっとすだちが並んでいます。

今回初めて知ったのですが、同じすだち1㎏でも、1,500円位から4千円超までと金額に幅があるんですね。

でも、その違いが、判らない(´;ω;`)ウゥゥ

何を基準に決めたらいいか迷っていた私の目に、「皮まで使えるすだち」というキャッチフレーズ(?)が飛び込んできました。

即買いです。

もしかしたら、「温室育ち」等と表記してあるものの中にも、安全に皮まで食べられるものが有ったかもしれません。

でもって、もしかしたらすだちを育てている人の間では
「温室育ち」=皮まで食べられる
は、常識なのかも知れません。
(あくまでも林の憶測です)

しかしそこは、常識を知らない人間にも判るように、チャンと言葉にしなくては、買い手には届きません。

買い手に届かないということは、購入に至らないということです。

実は、「皮まで使える」すだちは1㎏4千円弱と、高価格帯です。

でも、私は躊躇なく買いました。

だって、私はすだちが欲しいのてはなく、すだちの皮を食べて、内臓脂肪を減らしたいと思っているからです。

もし、「皮まで使える」の一言がなければ、私は、代金の安いモノを選んでいたでしょう。

これは、飲食店においても、同様です。

あなたが、価格競争に巻き込まれたくないなら、「温室育ち」と事実を伝えるんじゃなくって
皮まで使えて、内臓脂肪を落とす効果がある!ところまで伝えてください。

そうすれば、内臓脂肪が気になっている人にとって、あなたのお店は、かけがえのないお店になります。

つまり、単なる事実ではなく、お客様にとっての価値を伝えることが大事です。

さて、あなたのお店の『すだちの皮』は、何ですか?

あなたのお店のことはあなたが一番よく知っています。
だから、あなたがお知らせしないと誰にも伝わりません。
伝え方が判らなかったらこのメルマガ読んで勉強してみませんか?
↓  ↓  ↓

 

このブログを書いた人

林 良江
林 良江【値上げしない客単価UP】で飲食店の売上を増やす専門家
大学受験を目前に控えた時期に母のがん宣告を受け、地元の調理師学校に通い、その後ケーキ屋を経て居酒屋でアルバイトを始める。居酒屋で10年、接客係から店長まで経験し、当時の経営者から居酒屋経営を学ぶ。その後、税理士の資格を取得し、約20年、居酒屋出身の税理士としてキャリアを積む。

2011年、ある顧問先が数千万円の借金を背負い事業を縮小。目の前の顧問先を助けられなかった不甲斐なさを痛感し、飲食店の税金面だけでなく、お店を丸ごとサポートすることを決意。飲食店コンルタントの養成講座などでデータを使った飲食店の経営理論を基本から学び、最短90日で客単価を15%UPさせるコンサルティング手法を開発。中小規模飲食店が、客単価の15%UPに取り組めるよう体系化する。

顧問先からは「この先6ヶ月売上がゼロでも、従業員に今まで通りの給料を払えるだけの貯えがあったので、コロナ禍でも、余裕を持って過ごせた」など、これまでに居酒屋、専門料理店など、通算約80軒に客単価15%UPプログラムを提供する。
今後も、飲食店現場の「勘や感覚」を尊重しつつ、データを使った飲食店の売上アップのサポートをしていく予定。
税理士、調理師免許を保有、趣味はガーデニング、愛知県北名古屋市に在住。

名古屋税理士会所属
登録番号 086157

認定経営革新等支援機関
平成29年10月 登録

-飲食店経営
-,

PAGE TOP

© 2021 最短90日で飲食店の客単価が15%UPする秘訣 Powered by AFFINGER5